メニュー

メトジェクト発売記念

[2022.11.25]

今日は久しぶりに宮本先生のWEB講演に参加してみた。

メモメモ...(ほぼ自分用なのでちょっと読みにくいですが、ご容赦ください)

関節リウマチ治療薬の第一選択薬であるMTXの皮下注「メトジェクト」についての宮本先生の見解が聞けました。

簡単にまとめると
・MTXを制する者はリウマチを制す。
・MTXから安易に逃げないために、メトジェクトをしっかり理解し使いこなす。
・「いろいろな薬剤があるしMTXにこだわらくていいよね」→×
・「MTXをベストユースしないと」→◎
・MTXは1mg/週の増量で有効率は11%上昇するものの副作用は3%しか増えない。
・Rapid escalationで懸念されるリスクは消化器症状と口内炎のAEだけだった。
・bDMARD、tsDMARDの効果の最大化のためにMTXでPre-conditioningしておく。
・MTXはアデノシンの返還に必要な酵素を阻害して抗薬物抗体の産生の抑制に役立つ。
・MTXの使用意義をしっかり話す。
・Sick dayの際についての患者教育を繰り返す。
・腎機能低下、ILD合併例、NAFLD/NASHなどの肝機能低下→MTX回避
・メトジェクトを使うと、67%の日本人がMTX15mgに忍容性が得られた。
・MTXを最大限使えば33%が寛解に達する。
・メトジェクトだと消化器症状、肝機能障害が少ないかも。


相変わらず熱のある実践的な内容で面白かったです。

なんか、宮本先生の話を聞いてたら、聖隷にいたころのことすごく思い出した。

聖隷で駆け出したリウマチ内科医の第一歩。胸が熱くなるなぁ。

HOME

ブログカレンダー

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME