メニュー

twilight

お知らせ

発熱がある患者様へ  [2024.02.03更新]

発熱患者様が増えてきています。

当院は感染症が疑わしい患者様は通常の待合から分離したスペースに半個室(4つあります)をご用意しています。個室においては、閉鎖的と感じないよう、十分に広い椅子とスペース、窓を開けての換気と清掃を常時心がけています。ひとつのお部屋にはベッドもご用意して、座って待っているのがつらい患者様には横になっていただくようにしています。

診療時間内にご来院いただき、受付にお声かけください。

 

新年のご挨拶  [2024.01.08更新]

新年あけましておめでとうございます。

皆さまには健やかに新年をお迎えのこととこころよりお慶び申し上げます。

旧年中は当院に賜りました数々のご厚情とご支援に対しまして、職員一同心より御礼申し上げます。

本年も引き続き、患者様・家族様が安心して頼れるクリニックを目指し、スタッフ全員で努力してまいります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

年末年始のご案内  [2023.11.03更新]

年末年始の休診日は12月29日~1月3日になります。

ご迷惑をおかけいたします、年内は12月28日まで、年始は1月4日から診療しています。

 

当院のインフルエンザワクチンの接種(税込3000円)にご予約は不要です。ご希望の方は直接ご来院くださいますようよろしくお願いします。

インフルエンザワクチン  [2023.09.20更新]

2023年10月2日よりインフルエンザワクチン接種(13歳以上)を開始します。

インフルエンザワクチンの接種にご予約は不要です

ご希望の方は直接ご来院の上、問診票を記載していただいて、接種となります。

1回3000円(税込み)になります。

不活化ワクチンはウイルスや細菌の毒性や感染力を失わせたワクチンなので、ワクチン接種により発症することはなく、関節リウマチのお薬を使用中の方が受けても問題ありません。

むしろ、リウマチのお薬を内服している患者さんの方がインフルエンザが重篤化しやすいので、予防接種を受けてください。

不活化ワクチンであるインフルエンザワクチンは、日本リウマチ学会からも積極的な投与を推奨されています

令和5年秋コロナワクチン接種予約のご案内  [2023.09.10更新]

当クリニックはコロナワクチン(ファイザー社製のXBB.1.5対応ワクチン)令和5年秋接種の個別接種会場になっています。

ご予約は富士市が代行してくださって、9月25日から開始となるようです(https://www.city.fuji.shizuoka.jp/page/rn2ola000003ksv5.html)。

お電話(0120-567-970)・WEB(https://g222101.vc.liny.jp/top)・LINE(https://page.line.me/848ilers?openQrModal=trueにお願いいたします。

当院の予約枠は順次開放していきます。

 

開院しました  [2023.09.04更新]

2023年9月1日に開院いたしました。

地域のみなさまのお役にたてますよう、精一杯頑張らせていただきます。

9月1日開院です。  [2022.10.28更新]

2023年9月1日(金)に開院になります。

地域振興活動

地域へのリウマチ学の啓蒙活動、日進月歩のリウマチ学のアップデートのために学術集会や研究会活動をしています。常に最先端のリウマチ診療を目の前の患者様にお届けするために、スタッフ全員で研鑽を積んでいます。

2024年3月 静岡市 「関節リウマチチーム医療セミナー in 静岡」 あさみ講演

2024年3月 沼津市 「Deep Dive into RA WEB seminar」 座長

2024年3月 富士宮市 「リウマチ診療を考える会 in 富士宮」 講演

2024年6月 三島市 リウマチ講演会 講演

2024年7月 富士宮市 リウマチ講演会 講演

2023年までの活動はこちら。

 

ご挨拶

このたび、多くの方々のご支援により、富士市・富士宮市のちょうど真ん中の大月線沿いに「のばなクリニック」を開院させていただくことができました。これまでの総合内科医、膠原病リウマチ内科医としての経験を活かし、ひとりひとりに合わせた全人的な医療を提供してまいりたいと思います。 

近隣の病院と連携をとりながら「地域のかかりつけ医」として、スタッフ一同、地域の皆様のお役に立てるよう努力していく所存でございます。 

「笑顔を咲かせるのばなクリニック」どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

ご挨拶の続き...

院長 山崎賢士

医療機関をお探しの方へ

富士市・富士宮市に転勤・転居後で医療機関をお探しの方へ

 

糖尿病・高血圧・脂質異常症・肥満などの生活習慣病は、死亡者数の約6割を占めており、その予防は私たちの健康を守るために大変重要となっています。特定健診・特定保健指導が開始され、メタボリックシンドロームを中心に、自らの健康状態を把握し、改善する取り組みが注目されています。当院では、早期に適切な検査を受け、優れた治療を行っていく姿勢でみなさまのかかりつけ医という姿勢を持っています。

診療科目

一般内科

風邪・インフルエンザ・頭痛・不眠
生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病)

当院は、住み慣れたご自宅から通院していただく総合診療の入り口です。どの診療科を受診すればよいかわからない患者さんの窓口として考えてください。発熱・腹痛・咳・頭痛や健康診断で異常を指摘された際などで、お困りの際に受診していただければと思います。内科認定医・総合内科専門医・内科指導医として総合病院・大学病院であらゆる疾患に携わった経験と同時に専門性の高い知識を活かし幅広く内科全般の診療を行います。患者さんの言葉に耳を傾け、「顔の見える診療」を心掛けてまいります。

一般内科診療について詳しくはこちら...

膠原病リウマチ内科

関節リウマチ・膠原病・骨粗鬆症

これまで、膠原病の最先端治療を行う聖隷浜松病院・膠原病リウマチ内科にて膠原病や関節リウマチの自己免疫疾患の治療に専従し、その後、浜松医科大学医学部付属病院の免疫リウマチ内科で稀少・難治性リウマチ性疾患に対峙して研鑽を積んできました。リウマチ専門医・指導医として誇りを持ち、富士・富士宮地域のリウマチ膠原病患者さんが安心して暮らせる医療を提供いたします。

膠原病・関節リウマチの正確な診断にはじまり、生物学的製剤の選択や治療継続について、合併症についてのお悩みなどなど一人一人の患者さんの進むべき道についてともに考え、治療目標を共有して歩んで参ります。

当院は難病法に基づき指定された医療機関になりますので、受給者証をお持ちの患者さんも安心してご来院ください。

このような症状があれば来院ください

・発熱
・手足のこわばり、関節痛、筋肉痛
・口内炎、目や口の渇き
・皮膚の異常、むくみ
・レイノー現象(寒いと指が真っ白になる)
・咳、息切れ
・胸やお腹の痛み、下痢
・しびれ

 

関節リウマチ、リウマチ性多発筋痛症、血清反応陰性関節炎(強直性脊椎炎、乾癬性関節炎)、全身性エリテマトーデス、血管炎(顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、高安動脈炎、巨細胞性動脈炎、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症)、多発性筋炎、皮膚筋炎、ベーチェット病、シェーグレン症候群、全身性強皮症、混合性結合組織病、成人スチル病、サルコイドーシス、再発性多発軟骨炎、抗リン脂質抗体症候群、IgG4関連疾患など

膠原病リウマチ内科について詳しくはこちら...

検診・予防接種

予防接種・健康診断

大学院時代から生物統計学を駆使した研究(肥満と健康に関する論文掲載記事)を行ってきた経験を活かし、疫学・衛生学の専門家として、地域住民の健康寿命をのばすために必要な医療を提供します。生活習慣病、骨粗鬆症、健康診断、予防接種に対して真摯に取り組んでまいります。

予防接種の予約はこちら...

健康診断の予約はこちら...

交通案内

〒419-0204
静岡県富士市入山瀬522-10大月線沿いスターバックス前
駐車場34台
大きい地図はこちら

診療時間

診療時間
8:45~12:15
(受付は~12:00)
13:45~18:00

★第1・3・5土曜は8:45‐14:00の診療
★第2・4土曜は休診

休診日:水曜午後、第2・4土曜、日祝日

紹介先・提携病院

当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

 
また、当クリニックは静岡リウマチネットワークに所属する高度なリウマチ診療を実現するクリニックです。院内の医師、看護師 などのスタッフの協力はもちろん、このネットワークに所属する医療機関との連携を通して、難病に悩む患者さんがいつでも 安心して高度なリウマチ診療が受けることができるよう努めております。

医療機関の皆様へ

いつも大変お世話になっております。

当院では急性期を過ぎた病状が安定した内科患者様について医療機関様からのご紹介を承っております。ご紹介状をいただけますと、余計な検査をせずにきちんと主治医からのバトンを受け取ることができます。事前のご予約は必要ありませんが、前もって紹介状をFAX(050-3730-9602)していただけますと大変助かります。

責任を持って診療いたします。ご紹介お待ちしております。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME